海底熟成ワイン「らぶ・まーれ 2021」開栓式  

数十年を沈没船とともに海底に置かれたワインが引き揚げられ、飲んでみたら熟成され美味しく飲めた話しなどが話題になります。しかし誰にでも味わえるものではありません。
伊豆市には、富士山に抱かれた駿河湾に面した『土肥』と、富士山に育まれた『中伊豆』があります。巨峰のふるさと中伊豆ワイナリーのワインをジオパーク伊豆半島の駿河湾土肥八木沢沖海底に保存し、熟成させました。

伊豆市商工会土肥支部の事業で、本年で7年目の事業です。 2021年1月から約4カ月間、土肥・八木沢の富士山の見える水深20mの海底に132本保存したのが海底熟成ワイン「らぶ・まーれ 2021」です。 5月に引き揚げられたそのワインは、土肥金山坑道奥の金脈の金運パワーを受けながら、更に熟成を重ね金山坑内で静かに解禁日を待ちます。

この「らぶ・まーれ 2021」を多くの方に味わってもらうため、海底熟成ワイン開栓式を上記の日程で開催します。通常のワインと飲み比べもできますので、ぜひお立ち寄りください。

 


詳細

日時 令和3年6月27日(日)10:00〜
場所 土肥金山 (伊豆市土肥2726番地)

販売店  土肥金山 0558-98-0800 橋商店 0558-98-0117 駿河屋酒店 0558-98-1130

価格   1本7,500円(税込)